特集

バイアグラ

どんな薬?

全世界で始めて認可された「ED治療薬」それがバイアグラです。 1998年にアメリカのファイザー社から発売され、翌年の1999年に勃起不全の医療用治療薬として初めて正式に日本での認可された最も歴史があるのED治療薬がバイアグラなんです。

レビトラ、シアリスと次々に新しい薬が開発され発売されてきましたが、認知度、利用者数ともにまだまだ不動の人気を誇っています。 一番長く愛用されているED治療薬ですので、その実績は本物! 安心して服用したいと考える人やED治療初心者におすすめのED治療薬といえるかもしれませんね。

バイアグラの効果とは?

バイアグラは勃起不全に効果的!ということは誰もが知っていることですが、では、なぜ、バイアグラは勃起不全に効果があるのでしょうか?簡単にご紹介していきますね。 そもそも、勃起はどのようにして起こるのかきちんと知っていますか?

勃起のメカニズム

勃起は、実は性器の海綿体に血液が集まることで硬くなるのです。 陰茎に性的刺激を受けることで一酸化窒素が分泌され、環状グアノシン一リン酸という物質が形成されます。この環状グアノシン一リン酸が陰茎海綿体の筋肉を弛緩させ、それに伴い普段は閉められている血管が緩むことで、陰茎海綿体に血液が流れ込み、陰茎内の圧力が上昇し勃起に至るというワケですね。

バイアグラが勃起にどう作用するのかというと、この環状グアノシン一リン酸という物質の働きに大きく関係しているのです。 環状グアノシン一リン酸は勃起のために欠かせない物質ですが、実は、体内にある5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素によって分解されその力を失ってしまうという特徴があります。 そこで、バイアグラの出番。 バイアグラの有効成分「クエン酸シルデナフィル」にはこの5型ホスホジエステラーゼの働きを妨害し、環状グアノシン一リン酸が分解されることを防ぐ効果があるのです。 環状グアノシン一リン酸の分解を防ぐことで、勃起の機能を正常化する効果を得ることができるということですね。

これが、バイアグラがEDに効果的といわれる理由です。

だだし、これはあくまで性的な刺激を受けた場合に、正常に勃起させる効果を持っているということで、何も刺激を受けない段階で勃起してしまうということではありません。 よく、バイアグラと精力増強剤とを勘違いしている人も多いようですが、バイアグラは勃起作用を補助するための薬、勃起する力を助ける薬であり、飲めばたちどころに勃起する薬ではないことをお忘れなきように…。

バイアグラの効果時間について

バイアグラの効果が持続する時間は5時間~6時間といわれています。 これは服用する人の体質やコンディションにもよるそうですが、平均してこのくらいの時間は効力を保つことができるそうです。

また、バイアグラの特性として、食事の影響を受けやすいといものがありますので、バイアグラの効果を最大限発揮させたいと思う場合は、できるだけ空腹時に服用することが望ましいとされています。 あと、食事の次に気をつけたいのが「アルコールの摂取」ですね。適量であれば問題ないといわれていますが、アルコールの過剰摂取で効果がほとんど無かったという話もよく聞くので、バイアグラを服用する際にはアルコールを控えた方が無難でしょう。 せっかくの効果が半減してしまったのでは服用する意味がなくなってしまいますよね。

食事の影響を受けやすい。認知度が非常に高いため錠剤を見るとED剤であることがバレ易い。よって薬の管理に気をつけなくてはいけない。

9割が感じるバイアグラの副作用

副作用は主に「顔のほてり」と「目の充血」です。 これは服用者の約9割が体験する副作用で、バイアグラの効果の表れといってもいいくらいの症状ですね。 バイアグラの効果が出てくると同時にこの症状が出てくるので、バイアグラ服用の副産物といっても過言ではありません。

また、他には「頭痛」や「動悸」、「鼻づまり」といった副作用の症状を発症してしまう人も多いようです。 そして、稀ではありますが、景色がまぶしく見える、視界が青く見えるといった「青視症」という副作用を発症してしまう場合もあるのだとか。 どれも、バイアグラの効果が切れると同時に症状も治まるといわれていますが、長時間症状が治まらない場合は必ずクリニックに相談するか、適切な医療機関での診察をおすすめします。

バイアグラを服用できない人のタイプ

バイアグラには残念ながら服用できないタイプの人がいます。

  • ・バイアグラの成分に対してアレルギー反応を起こしたことがある人
  • ・硝酸剤または一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、 亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の人
  • ・心臓や心血管に問題があり、性交渉自体に体がついていかない人
  • ・重い肝機能障害を患っている人
  • ・低血圧の人(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)
  • ・高血圧で治療で血圧の管理がされていない人(安静時収縮期血圧170mmHg以上又は最小血圧が100mmHg以上)
  • ・6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴がある人
  • ・網膜色質変性症

以上の人は、バイアグラを服用することで、現在抱えている病の症状を悪化させてしまう可能性や、命にかかわる重篤な副作用を発症してしまう危険性があるので、服用することができません。 上記のどれかに該当するタイプの人は、バイアグラの処方を行っているクリニックに相談して、自分の体に合ったED治療法を新たに見つけられることをおすすめします。

バイアグラと併用することができない薬

塩酸アミオダロン製剤

この薬は心臓の鼓動の乱れを整える薬です。バイアグラは血圧を変動させてしまう効果があるため、鼓動を乱してしまう可能性があります。

硝酸剤

この薬は特にバイアグラとの併用を避けたい薬です。硝酸剤とバイアグラを同時に服用すると、血圧が危険なレベルまで低下してしまう可能性があり、最悪の場合、死に至る危険性もあるのです。 血圧に作用する薬を服用している場合は、必ずクリニックの医師に確認することをおすすめします。

▲トップへ戻る